ネットビジネス用語事典は、
ネットビジネスで使用する
5つの用語事典で構成されています。

ネットビジネスとは、
インターネットを有効に活用して
行うビジネスのことです。

アフィリエイト

アフィリエイトとは,アフィリエイターが自分のWEBサイトなどで広告主の広告を紹介し,その広告に対して何らかの成果があると,広告主からアフィリエイターに報酬が支払われるしくみのこと。正式にはアフィリエイト・プログラムという。

アフィリエイトのしくみ

アフィリエイトのしくみを簡単な図で表すとこのようになります。

① アフィリエイターからの提携申請を受けて、広告主がアフィリエイターのWEBサイトを審査する。
② 広告主は、審査の結果をアフィリエイターに通知する。
③ 提携が承認されると、アフィリエイターは広告主が発行するアフィリエイトリンクを取得できるようになる。
④ アフィリエイターは、取得したアフィリエイトリンクを自分のサイトやメルマガなどで紹介する。
⑤ そのアフィリエイトリンクから、サイト訪問者が購入する(=購入者)ことによって、成果があがる。
⑥ 広告主からアフィリエイターに、成果に応じて報酬が支払われる。

通常,アフィリエイターと広告主とのやりとりは、すべてASPを介しておこなわれますが、アフィリエイターと広告主とが直接提携する場合もあります。こちらをリンク・スタッフとして使い分ける場合もあります。

Amazonでは、アソシエイトと言いますが、アフィリエイトと同じ意味で使われています。

アフィリエイトとアソシエイトの意味の違い

英語の「affiliate」には,提携する。加入する。加盟する。会員になるなどの意味があります。

また、Amazonでアフィリエイトと同じ意味で使われているアソシエイト(associate)にも、提携する。仲間に加わる。共同で事業を行うなどの意味があります。

では、英語のアフィリエイトとアソシエイトには、どんな意味の違いがあるのでしょうか?

アメリカ人の友人にちょっと聞いてみました。

どちらもほぼ同じ意味ととらえて問題ないそうですが、どちらかと言えばアフィリエイトには「組織」、アソシエイトには「個人や人」というニュアンスがあるようです。

そこから、どちらかと言えば、アフィリエイトは「タテのつながり」、アソシエイトは「ヨコのつながり」のイメージがあるそうです。

ただし、これは個人的な印象なのかもしれないとのことでしたので、参考程度にしてください。

アフィリエイトにかかる費用

アフィリエイターがASPに登録して利用するための登録料や利用料は無料です。

無料ブログや無料メルマガ配信スタンドを利用すれば、あとはパソコンとインターネット環境さえあれば、無料で始めることができます。

WordPressで、オリジナルのブログやサイトでアフィリエイトする場合も、サーバー代とドメイン代合わせて、年間2万円以下でも大丈夫です。

アフィリエイトには,①誰にでも参入可能,②在庫不要,③初期投資がほとんどかからない,という利点があります。

アフィリエイトの種類

アフィリエイトには、紹介するメディア、商品、報酬のそれぞれにいくつか種類があります。

メディアによるアフィリエイトの種類

・サイトアフィリエイト
・ブログアフィリエイト
・メルマガアフィリエイト
・PPCアフィリエイト
・SNSアフィリエイト

内容によるアフィリエイトの種類

・オプトインアフィリエイト
・物販アフィリエイト
・情報商材アフィリエイト
・アダルトアフィリエイト
・トレンドアフィリエイト

報酬によるアフィリエイトの種類

・クリック保証型報酬
・成果型報酬
・クッキー型報酬
・インプレッション型報酬
・継続課金型報酬
・マルチレベル型報酬

アフィリエイトの始め方

アフィリエイトを始めるには、まず広告主と仲介してくれるASPに登録しなくてはならないが、実は、ASPに登録する際にもASPによる審査があります。

ASPによって、承認の難易度はさまざまですが、とりあえずASP登録用のブログを作成しましょう。