差金決済

差金決済とは,新規取引と決済取引との差損益の差額だけを決済すること。ネッティングともいう。

インターバンク市場での外国為替取引は現金での決済取引となるが,FXの場合は、取引額すべての金額をやりとりするのではなく,買った通貨は売り戻す,売った通貨は買い戻すことを前提に,その新規取引から決済取引までの一連の売買の差額(損益)だけを決済する。これを差金決済という。

差金決済は,お金の受払いを帳簿上で相殺しあうことで,実際の取引金額を小さくできる。為替手数料の削減などの効果がある。

FXでは,取引額すべての金額をやりとりするのではなく,取引で生じた損益分のみの金額をやりとりする差金決済であり,またレバレッジにより,実際の投資金額の何倍もの大きな取引を1日になんども繰り返すことができ,デイトレードに有利となっている。

株式の現物取引やカバーワラントでは,金融商品取引法(旧証券取引法)によって禁止されているが,FXでは,相対取引であることから差金決済が認められている。

CFDでは,外国為替以外の国内外の株式・株価指数・債券・商品なども差金決済取引ができる。

さ行
Ads by Google
FX用語事典