ストップ狩り

ストップ狩りとは,逆指値注文が集中している付近を狙って一瞬為替レートを動かし、逆指値(ストップロス)注文を大量に買い集め,為替レートが元に戻ったところで売り抜けて利益を上げること。

ストップ狩りには,ヘッジファンドなどの投機筋がおこなうものと,FX会社がおこなっているとうわさされているものとがある。ストップ狩りに狙われやすいのは,逆指値注文が集中しているテクニカル分析にとって重要なポイントや直近の高値や安値,90円や91円といった切りのいい数字などである。

ヘッジファンドが行うストップ狩りは,巨額の資金を操り,常時為替レートを監視できるプロのトレーダーを擁するヘッジファンドだからこそできるものであり,FXに限ったことではなく相場の世界では珍しいことではない。

また,FX会社によるストップ狩りは,FX会社であれば顧客の逆指値注文がすべて見えていることと,基本的にFXが相対取引であることにより,為替レートに不自然な動きがあったときにFX会社によるストップ狩りが疑われるが確証はない。

ヘッジファンドが行うストップ狩りから逃れるには,狙われやすい数字を避けること,余裕を持った資金で取引に参加することなどである。
また,FX会社によるストップ狩りを疑う投資家は,相対取引ではないくりっく365や大証FXで取引するか,インターバンク市場と直結したFX会社と取引することもひとつの方法である。

さ行
Ads by Google
FX用語事典